創業明治四十一年 入久水産株式会社

西伊豆から美味しい干物をお届けします

ご注文

電話注文承ります

0558-53-1501

受付時間:8:00〜17:00 定休日:土曜・日曜

西伊豆のさんまみりん干し 西伊豆のさんまみりん干し

西伊豆で永く愛されてきた
「さんまみりん干し」

伊豆半島の西岸に位置し、「美しい夕日の町」として知られる静岡県西伊豆町は、古くから遠洋漁業の漁港として栄えた港町でした。

「西伊豆のさんまみりん干し」は、漁師たちが三陸や北海道で水揚げしたサンマを西伊豆へ帰港した際に地元の人と分け合い、みりん干しに加工したのがの始まりです。

かつてはお昼どきになると町中に干物を焼く匂いが広がるほど、西伊豆の昼食の定番として、永く親しまれてきました。

静岡県西伊豆町
鈴木章吾

こんにちは。
西伊豆町で干物の製造を行っています 入久水産の鈴木章吾です。
入久水産は、明治41年の創業以来110余年、漁師町・西伊豆で水産加工物の製造を続けてきました。 魚を愛する地元の方とともに歩んできたからこそ、お伝えしたい味があります。
それが、「西伊豆のさんまみりん干し」です。
西伊豆のさんまみりん干しは、私が小さな頃から地元の味として親しんできた、いわばソウルフード。まろやかな甘みで、ご飯のお供に欠かせない一品です。
この味をこれからも受け継いでいきたい。そして一人でも多くの人とこの味を分かち合いたい。
そんな思いで職人たちが仕上げた「西伊豆のさんまみりん干し」を丹精込めてお届けいたします。

漁船

地元の漁師たちが入久水産の
みりん干しを選ぶ理由

魚にうるさい地元の漁師からも選ばれてきた入久水産のさんまみりん干し。
その理由は、老舗だからこそのこだわりにあります。

脂の乗った一番いい時期の
さんまを厳選

秋に水揚げされた一番いい時期のさんまを職人の手で一つ一つ丁寧に仕上げています。十分に脂が乗っているから旨味がジュワッと口の中に広がります。

さんま さんま

継ぎ足してきた秘伝のタレ

入久水産のさんまみりん干しは、長い間受け継いできた秘伝のタレに漬け込み仕上げています。
長い年月をかけタレを継ぎ足すことで深みのあるコクが生まれ、入久水産だけのまろやかな味わいとなりました。

秘伝のタレ 秘伝のタレ

旨みを凝縮する
乾燥へのこだわり

西伊豆は冬になると強い西風が吹くことから干物づくりに適した環境と言われており、昔ながらの干物作りでは、その強い西風でしっかりと乾燥させ仕上げていました。入久水産では昔ながらの味を大切にし、時間をかけてしっかり乾燥することで旨味を凝縮させています。見た目重視の干物作りでは乾燥が弱くなりがちですが、入久水産の干物は手に持った時にピンと立つほどの乾燥の強さが特徴。昔ながらの西伊豆の味をご賞味ください。

乾燥
乾燥

テレビで紹介されました!にじいろジーン 関西テレビ/フジテレビ系列 2019年11月9日放送

「出張!ふるさとクッキング」のコーナーにて入久水産が紹介されました。西伊豆のさんまみりん干しは「これ以上アレンジできないほど完成された味」と、ガレッジセールさんやミシュラン一つ星の和食料理人からも好評いただきました。

さんまみりん干し 調理イメージ

みりん干しはシンプルに
焼くのがオススメ!

秘伝のタレが味の決め手のみりん干しは、そのまま焼いて食べるのが一番のオススメ。
焦げつきやすいので、魚焼きグリルで焼く際には火加減にに気をつけてくださいね。
焦がさないためのコツは、身の方から焼くこと。両面グリルの場合はアルミホイルを下に敷いて熱が伝わりにくくなるようにしましょう。身がふっくらと焼きあがってきたら、ひっくり返して皮面を焼きます。皮面の焼き時間は短めに。皮に少し焦げ目がついたら完成です。
タレの香ばしさがたまらないさんまのみりん干し。白いご飯と一緒にぜひお試しくださいね。

さんまみりん干し 調理イメージ

入久水産の干物ギフト

お中元 お歳暮 父の日 母の日 内祝い

「喜ばれる贈り物」として地元の人からも選ばれています。
ふるさと納税、お電話でのご注文ともに、熨斗対応いたしております。
ご注文時にお申し付けください。

保冷パッケージ
保冷パッケージにてお届けします。

お電話1本で全国へお届け

干物1パックから、お電話にて
ご注文を承っております。

0558-53-1501

受付時間:8:00〜17:00 定休日:土曜・日曜

下記の「商品一覧」にてご希望の商品をご確認の上、お電話ください。

商品一覧 兼 FAX注文票
(pdfファイル)

FAXでのご注文はこちら
0558-53-1801

ふるさと納税 返礼品

工場長のいちおしセット

入久水産の干物は西伊豆町のふるさと納税返礼品としてご提供しております。

おすすめ商品

工場長のいちおしセット

さんまみりん干しをはじめ、工場長が自信を持ってお勧めするものを集めたセットです。

ふるさとチョイスでご注文

西伊豆のひもの

味へのこだわり 入久水産の干物ラインナップ

近海あじ

近海あじ

小ぶりながらも、肉厚で脂ののりも良く、当店いちおしのひと品です。

金目鯛

金目鯛

姿形と色の美しさもあり、縁起のよいおめでたい食材です。

さば文化干し

さば文化干し

脂のたっぷりのったノルウェー産のさばを使用し、乾燥を少し固めに仕上げて魚の旨味を閉じ込めました。大根おろしとお醤油で美味しく召し上がれます。

あじみりん

あじみりん

脂ののったあじの頭と中骨を取り、秘伝のタレに一晩つけこみました。甘じょっぱくてお子様に喜んで食べていただけます。

さんまみりん

さんまみりん

秋に水揚げされた一番いい時期の脂ののったさんまを秘伝のタレに漬け込んだみりん干しです。

こちらでご紹介の干物を取り揃えた「工場長のいちおしセット」は ふるさと納税返礼品として好評ご提供中です。

ふるさとチョイスでご注文

この他にも様々な干物を取り揃えております。詳しくは商品一覧をご覧ください。

商品一覧(pdfファイル)
加工場

加工場のご案内

入久水産の干物は田子地区にある加工場にて1枚1枚丁寧に作っています。作りたての干物はその場でお買い求めいただけます。お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

入久水産加工場
住所 〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子611-1
電話番号 0558-53-1501
営業時間 8:00~17:00
定休日 土曜・日曜
←→ドラッグまたはスワイプで次の画像を表示します。

ひもの直売所オープン

入久水産の干物は田子地区にある加工場にて1枚1枚丁寧に作っています。作りたての干物はその場でお買い求めいただけます。お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

干ものイメージ
住所 〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子1935
営業時間 9:00~12:00

会社概要

入久水産は、明治41年の創業以来110余年、魚を愛する地元の人とともに歩んできました。西伊豆の美味しい干物をお届けします。

社名 入久水産株式会社
本社所在地 〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子611-1
代表者 鈴木 共營
創業 明治41年
事業内容 干物をはじめとした水産加工物の製造及び販売

法人の方のお問い合わせはこちらから

問い合わせフォーム

ページの先頭へ